横浜市中区野毛町にある診療室です。

矯正歯科

| 歯並びや噛み合わせの乱れがコンプレックスになっていませんか?

矯正中の女性の歯

目や口もとの印象は、その人の表情に大きく影響します。
矯正治療によって口もとの印象が良くなると、気持ちも明るくなって笑顔に自信が持てるようになります。
またお口の健康だけでなく、身体全体の健康にも良い影響を与えるのです。

矯正治療を始めるには遅すぎるのでは?と思っている人もいるかもしれませんが、「健康的な歯並びを手に入れたい」「噛み合わせを整えて自信を持ちたい」と思った今がまさにあなたのベストタイミングです。

| 大人の歯列矯正

マウスピース矯正

成人してから歯列矯正に踏み切った方も数多くいらっしゃいます。歯並びや噛み合わせが良くなることで、全身の健康にも内面の健康にも良い影響を与えます。

治療法は、全体的に歯を動かす治療部分的に歯を動かす治療とがあります。

全体的に歯を動かす治療では、噛み合わせや歯並びを健康的できれいに整えることで顔のバランスや全身のバランスも整えることができます。肩こりや頭痛の改善もみられます。

部分的に歯を動かす治療では、気になる前歯だけをきれいにしたいという方におすすめです。顔の印象に大きな影響を与える前歯が整うだけでも心理的な変化は大きいものです。
しかし残念ながら、部分矯正では噛み合わせ全体を治すことはできません。


| 子どもの歯列矯正

顎顔面矯正装置

大人の歯列矯正と大きく違う点は、ご本人ではなく親御さんが治療を決断するという点です。
子どものうちに矯正治療を開始することにはさまざまなメリットがあります。

大人の矯正と治療法の面で大きく違う点は、『あごの誘導による治療が可能』という点です。
あごの成長を助けることできれいな歯並びの実現と、口腔領域の機能(健全な呼吸・咀嚼・嚥下・発語)の発達を促すことができます。

| のげ町歯科室の担当医は、矯正治療の「専門家」です。

当歯科室では各分野の専門知識と豊富な経験、高度な技術を備えた歯科医師が担当いたします。

とくに女性の患者さまには理想的な歯並びについてや、治療中の審美的な面でもお気軽にご相談ください。同じ女性の目線で、患者さまのお好みやライフスタイルに合わせた最適な治療方針・矯正装置をご提案いたします。

| 当歯科室の矯正治療担当医

矯正治療担当医 岡村千晴
:日本矯正歯科学会 認定医
:東京矯正歯科学会 会員
:日本成人矯正学会 会員
:日本顎変形症学会 会員

不正咬合の種類について

| 歯が重なり合ってでこぼこに生えている

歯が大きすぎたり、あごが小さすぎたり、またはその両方が原因で歯が並びきらずに重なり合ってしまい、でこぼこに生えている状態のことで、「乱杭歯(らんぐいば)」と呼ばれることもあります。
八重歯(やえば)も叢生のひとつです。

| 上あごや上の歯が前に突き出ている

上の前歯や、上あごの歯全体が下の歯よりも前に突き出ている状態をいいます。
指しゃぶりや口呼吸など、幼児期の習慣が原因になっていることもあります。笑ったときに歯ぐきが目立つ、歯ぐきが乾いて唇が閉じにくいなど、外見上の悩みを抱える人も少なくありません。

| 上下の前歯にすき間ができている

奥歯は噛み合っているのに、前歯の上下が噛み合わず、すき間ができてしまっている状態のことです。
前歯で食べ物を噛み切りにくかったり、口が閉じにくいなどの問題が生じます。

| 隣りあった歯と歯にすき間ができている

「すきっ歯」ともいわれる小さいお子さんによくみられる状態。
乳歯列期には空隙は正常です。このすき間があることで、乳歯より大きな永久歯が生えてきたときにきれいに並ぶことができます。

舌で前歯を押すくせが原因になっていることもあります。

| 上の歯が下の歯を覆い隠している

噛み合わせたときに、下の歯が見えないほど上の歯が深く噛みこんでしまう状態のことをいいます。
歯に過剰な力が加わるため、歯の寿命を縮めたり顎関節症になりやすいなどの問題が生じます。

| 下の歯が上の歯よりも前に出ている

「受け口」とも呼ばれる噛み合わせで、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態のことです。
下あごが大きすぎたり、上あごが小さすぎることなどが原因で、発音がしづらく、ことばが不明瞭になるなどの問題が生じることもあります。